logo

共済組合からのお知らせ

傷病等により休職したときに給付される休業給付の支給方法が変更になりました!

 傷病等により勤務を休んだ場合には、支給要件に該当すれば休業給付の対象となりますが、平成27年10月1日から標準報酬制が導入されたことに伴い、それまで給料月額により計算していたものが、標準報酬月額により給付金の計算を行うこととなりました。
 また、変更前の傷病手当金については、給料が無給となった場合に給付金が発生していましたが、平成27年10月1日からは実際に支給された報酬(給料、扶養手当、通勤手当、住居手当等)の日額と標準報酬月額により計算した傷病手当金の日額を比較し、傷病手当金が上回っている場合には、その差額を支給することとなります。
 支給期間は、上記差額が発生した日から起算して1年6か月間となります。(一度給付が発生した場合には、数日間の給付しかない場合でも、終了日は給付が発生した日から1年6か月間となります。)
 詳細はこちらをご覧ください。