logo

共済組合からのお知らせ

保健事業をご活用ください

 当組合では、組合員及び被扶養者の疾病予防対策と保養のため、各種保健事業を行っております。
 人間ドック、PET 検査及びインフルエンザ予防接種等の利用助成、電話及び面談による健康相談、救急薬品等の配付、育児指導誌の配付などの他、以下のような事業を行っておりますので、組合員及び被扶養者の皆さまの健康管理にご活用ください。

出向型歯科健康診査・来院型歯科健康診査

 歯科関係の疾病の予防を目的として、組合員を対象に「出向型歯科健康診査」及び「来院型歯科健康診査」を実施しています。
 「出向型歯科健康診査」は、所属所が設置した日時及び会場で行います。実施の日程、申込方法につきましては、各所属所の共済事務担当課にお問い合わせください。
 「来院型歯科健康診査」は、出向型歯科健康診査を受診できない場合に、組合員が直接歯科医院に来院して行います。来院型歯科健康診査を実施している歯科医院については、こちらをご確認ください。
 口内環境の悪化は、糖尿病をはじめとした生活習慣病を悪化させる要因となり、歯科関係疾病の予防は、日常生活を健やかに過ごす上で必要不可欠となるものです。
 毎年度、必ずどちらかの歯科健康診査を受診するようにしてください。

「らくらく禁煙コンテスト」参加への助成

 禁煙のサポートを目的として、組合員及び被扶養者を対象に、公益財団法人日本対がん協会が毎年7月及び12月に実施している「らくらく禁煙コンテスト」への参加費5,000円のうち4,000円を助成します。
 参加募集については、共済だよりにより行う予定です。
 喫煙は、がんや脳卒中など多くの疾病の要因となり、がんをはじめとした疾病による喫煙者の死亡率は非喫煙者の1.5倍~ 2倍以上とされています。
 長期にわたる疾病予防及び健康保持増進のため、積極的にご活用ください。

健康セミナー、ライフプランセミナー及び健康料理教室の開催

 心身の健康増進、ライフプランづくりのサポート等を目的として、組合員及び被扶養者を対象に、健康セミナー、ライフプランセミナー及び健康料理教室を開催しています。
 参加募集については、共済だよりにより行う予定です。
 専門の講師による講演、実習を交えた講習など、日常生活や将来設計に役立つセミナーを開催しておりますので、積極的にご参加ください。

栃木県内及び県外の契約宿泊施設利用助成

 組合員及び被扶養者の保養を目的として、組合員及び被扶養者(6歳以上)が栃木県内及び県外の契約宿泊施設を利用した場合、県内施設は1人1泊3,000円、県外施設は1人1泊2,000円を助成します。
 なお、助成を受けるには宿泊当日に『宿泊施設利用助成券』を施設に提出する必要があります。助成券の交付については、各所属所の共済事務担当課にお問い合わせください。
 また、県内及び県外の契約宿泊施設については、こちら(県内県外)をご覧ください。

特定健康診査及び特定保健指導の実施

 組合員及び被扶養者の疾病予防及び健康増進等を目的として、40歳以上74歳未満の組合員及び被扶養者を対象とした、特定健康診査及び特定保健指導を実施しております。
 組合員については、当組合が助成を行っている人間ドック、または所属所で実施している事業主健診を受診することで、特定健康診査を受診したこととみなされます。被扶養者については、当組合が助成を行っている人間ドックを受診するか、毎年5 月に当組合から対象者に送付している「特定健康診査受診券」を使用して、住民健診または特定健康診査を実施している検査機関での個別健診を受診してください。なお、特定健康診査における費用は、当組合が全額負担します。
 また、特定健康診査の結果により、医師、保健士、管理栄養士などによる長期的かつ専門的な健康支援である、特定保健指導を無料で受診することができます。対象となった方には、当組合より「特定保健指導利用券」と受診方法についての確認書が送付されます。受診方法については、医療機関、所属所、自宅などが選択できますので、ご自分に合った方法で受診してください。
 特定健康診査及び特定保健指導の詳細については、当組合保健指導課にお問い合わせいただくか、こちらをご覧ください。
 自己の健康状態の確認、生活習慣の見直しのため、特定健康診査及び特定保健指導は必ず受診するようにしてください。