logo

共済組合からのお知らせ

「栃木県市町村職員共済組合短期給付財政安定化計画(データヘルス計画・第1期)」を策定しました

 国は、「日本再興戦略」(平成25 年6月14 日閣議決定)の中で、「国民の健康寿命(生活に支障なく健康的に日常生活を送ることができる期間)の延伸」を重要な柱として掲げ、その実現のため、共済組合を含めた全ての健康保険組合に対して、「レセプト等のデータ分析に基づくデータヘルス計画の作成・公表、事業実施、評価等の取組」を求めました。
 これを踏まえて、当組合は、組合員及び被扶養者の疾病予防対策、健康意識の向上及び健康保持増進を目的として、『栃木県市町村職員共済組合短期給付財政安定化計画(データヘルス計画:第1 期)』を新たに策定しました。

1 データヘルス計画の特徴
 当組合では、組合員及び被扶養者の疾病予防及び健康保持増進を目指して保健事業に取組んでいますが、今後は策定したデータヘルス計画に基づき、レセプトデータや健診データを分析して課題を明確にし、より効果の高い事業を行うよう努めていきます。
 また、データヘルス計画は以下のPDCA サイクルを回していくことが重要となるため、実施している保健事業の効果確認と評価を適宜行い、必要に応じて事業内容を見直していきます。

2 データヘルス計画の期間
 第1期の期間は、平成27年度から平成29年度までの3年間です。

3 データヘルス計画の実施内容
 データヘルス計画の推進には、所属所と当組合が連携して事業に取組む協働事業(コラボヘルス)の強化が重要となります。
 今後は、レセプトデータ及び健診データの分析結果を、個人情報保護に留意した上で、所属所と共有し、保健事業を実施していきます。
 また、当組合と所属所が行う保健事業においては、組合員及び被扶養者自身の健康に対する意識向上及び生活習慣の改善などが必要不可欠となりますので、今後とも皆様のご協力をよろしくお願いいたします。


策定した『栃木県市町村職員共済組合短期給付財政安定化計画(データヘルス計画:第1 期)』はこちらに掲載しています。
また、詳細につきましては、随時共済だより及び当組合ホームページ等でお知らせしてまいります。