logo

共済組合からのお知らせ

平成27年10月から標準報酬制が導入されます

 平成27 年10 月から、掛金等の算定の基礎となる額、また、給付の基礎となる額が、給料月額から標準報酬月額となります。
 標準報酬月額は、通常、4月、5月、6月に支給される給料、手当等の合計額の1月あたりの平均額を等級表に当てはめて算定しますが、制度開始当初に適用する標準報酬月額については、平成27 年6月に支給される給料、手当等の額を基に等級表にあてはめて算定し、その標準報酬月額が原則として平成28 年8月まで適用されます。なお、次年度以降の標準報酬月額の算定にあたっては、4月、5月、6月に支給される給料、手当等の合計額の1月あたりの平均額を等級表にあてはめて算定し、9月から適用します。
 このため、従来は、給料月額が同じ方は、掛金の額、給付の額が同額でしたが、標準報酬制においては、手当等の額によって、今までと給料月額が同額であっても、掛金や給付金の額が増減する場合があります。
 なお、標準報酬制の詳細につきましては、「共済だより」平成27年5月号に折込みのリーフレットをご一読ください。